特集

ソフトバンク

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの特集サイトです。

特集一覧

等身大の「熱男ーッ!!」 ありがとう松田宣浩選手 福岡でパネル展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松田宣浩選手の功績を振り返るパネル展=福岡市中央区の「ボス イーゾ フクオカ」で2022年11月11日午後1時47分、黒澤敬太郎撮影
松田宣浩選手の功績を振り返るパネル展=福岡市中央区の「ボス イーゾ フクオカ」で2022年11月11日午後1時47分、黒澤敬太郎撮影

引退・明石選手の展示も

 プロ野球・ソフトバンクを今季限りで退団した松田宣浩内野手(39)の功績をたたえるパネル展が、福岡市中央区の商業施設「ボス イーゾ フクオカ」内の王貞治ベースボールミュージアムで開かれている。30日まで。

 松田選手は2006年に入団。4連覇を含む7回の日本一に貢献し、常勝球団の三塁手として活躍。ゴールデングラブ賞は7年連続を含む8度受賞し、18年にはベストナインに輝いた。来季は巨人でプレーすることが決まっている。

 パネル展ではプロ入りした時からの成長過程を写真で紹介。14年のレギュラーシーズン最終戦で、勝てばリーグ優勝が決まるオリックスとの一戦で放ったサヨナラヒットなど、ファンの記憶に残る場面を展示している。代名詞となった「熱男」ポーズの等身大パネルもある。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文581文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集