特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

大阪桐蔭、英明が準々決勝へ 秋季高校野球・明治神宮大会が開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-東邦】力投する大阪桐蔭の先発・前田=神宮球場で2022年11月18日、前田梨里子撮影
【大阪桐蔭-東邦】力投する大阪桐蔭の先発・前田=神宮球場で2022年11月18日、前田梨里子撮影

 明治神宮野球大会は18日、東京・神宮球場で開幕し、高校の部は1回戦2試合があった。大会史上初の連覇を狙う大阪桐蔭(近畿・大阪)は東邦(東海・愛知)に9―1で快勝し、英明(四国・香川)は山梨学院(関東・山梨)を10―7で破った。大阪桐蔭はクラーク記念国際(北海道)、英明は北陸(北信越・福井)とそれぞれ20日に戦う。

大阪桐蔭・前田悠伍投手

 (8回1失点の好投)自分のベストな投球はできなかったが、だいたいの打者が真っすぐを張っていると気付いていたので、ツーシームなどの変化球でずらして投げることができた。

 (三回に浴びたソロ本塁打は)高めの真っすぐが浮いてしまった。真っすぐを待っていると思って、厳しいゾーンを突こうと思ったが、甘くなってしまった。

 (相手に研究されていると感じるかは)研究されて打たれているようではそこまでの投手だと思う。もっともっと上を目指しているし、研究されても打たれないボールを突き詰めていきたい。

英明・香川純平監督

 (2回目の出場で初勝利)選手は初めての全国大会で、なおかつ神宮球場でプレーできるということで浮足立ち、前半は固まって動けなかった。それが段々落ち着いてきて、バットが振れるようになってきた。ここまで来られたことを関係者に感謝したい。

 (六回に打者一巡の猛攻で6点を奪って逆転)四球をもぎとったり、つなぐ打撃ができたりと、思い切りの良さを出してくれた。(次は北陸戦)何も考えてない。これからです。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集