特集

友野一希|Fun!フィギュア

昨季は4大陸選手権で銀メダル、3年ぶりのGPシリーズ表彰台など躍進し「厚い壁が砕けて光が差してきた」。今季は更なる飛躍を目指す

特集一覧

友野一希、備わった落ち着き 「自分を見ながら試合」 NHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子SPで演技する友野一希=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月18日、貝塚太一撮影
男子SPで演技する友野一希=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月18日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯は18日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、第3戦フランス大会3位の友野一希選手(上野芝スケートクラブ)は85・07点で4位だった。

 軽快なジャズの音色が響く中、伸びやかに友野選手は舞った。ジャンプのミスが響いて得点を伸ばせなかったものの「自分の武器はしっかり見せたと思う。あとは点数につながる演技ができるように」とサバサバとした表情で自身の滑りを分析した。

 札幌入りしてから修正に努めていた4回転トーループはしっかりと連続ジャンプにつなげたが、続く4回転サルコウで転倒。練習ではしっかりと決まっていただけに「変に意識してしまった」と悔しがった。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文913文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集