大リーグMVP 米メディア「大谷とジャッジの比較は難しい」と指摘

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大谷翔平
大谷翔平

 米大リーグの最優秀選手(MVP)が17日(日本時間18日)発表され、投打の「二刀流」で活躍したエンゼルス・大谷翔平(28)の受賞はならなかった。MVPにはア・リーグ記録を61年ぶりに更新する62本塁打を放ったアーロン・ジャッジ(ヤンキース)が選ばれた。

 エンゼルスの地元紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)は「エンゼルスの二刀流スター、大谷翔平はア・リーグの最優秀選手には返り咲けなかった」とMVP争いの結末を紹介した。ジャッジに大差を付けられての2位となった大谷だったが、同紙は投打の成績を振り返り「2021年シーズンに非の打ちどころがない活躍をして満場一致のMVPとなった大谷が、また同じようなシーズンが送れるのか…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文774文字)

あわせて読みたい

ニュース特集