特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

世界でも変わらぬ「太子の前田君」 サッカー日本代表・前田大然

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
小学生時代から自慢の俊足を生かして活躍した前田大然=松井勝也さん提供
小学生時代から自慢の俊足を生かして活躍した前田大然=松井勝也さん提供

 驚異的な足の速さとスッキリとした丸刈り。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表FW前田大然(25)=セルティック=の特徴は、少年時代から不変なのだという。「プレーも見た目もあの頃のまま」――。恩師は幼き日の姿と重ね合わせる。

 「40年近く指導の現場にいるが、あの足の速さは歴代ナンバーワンですね」

 前田が小学生時代に所属した「太子町ジュニアサッカークラブ」(大阪府太子町)の松井勝也代表(59)はそう語る。

 大阪府の南東部にあり、奈良県に隣接する太子町は人口約1万3000人の緑豊かな町だ。地元の子どもたちを対象に地域密着型のクラブを運営する松井さんは「強いチームを作るためにやっているクラブじゃない。うまい子も上手じゃない子もみんなを受け入れるうちから、W杯の代表選手が出るとは」と驚く。

 「すごい足の速い子がいる」。同級生たちに連れられて来たのが前田だった。

 前田は動物病院を営む両親の下に生まれ、小学4年生の時に堺市から太子町に引っ越すまでは、体操教室に通っていた。2004年アテネ・オリンピックの体操男子団体で日本が金メダルを獲得した姿に憧れていた。転校先の友人に勧められてサッカーを始めると、次第にクラブの活動が休みの日にも仲間とボールを蹴り合うなど熱中していったという。

 とにかく、ずば抜けて足が速かった。「初速から飛び出してしまう瞬間的な速さがあった。それにドリブルしてもスピードが落ちなかった」と松井さん。前線にボールを蹴り出せば、相手DFを振り切ってゴールを決める。初めて対戦する相手はそのスピードについて行けず、簡単に得点を奪えたという。

 「太子の前田君」は徐々に有名…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1715文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集