寺田総務相ら3人に新たに告発状 大学教授、運動員買収報道巡り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
寺田稔総務相
寺田稔総務相

 自民党の寺田稔総務相が昨年衆院選で運動員買収をした疑いがあるなどとする週刊文春報道を受け、神戸学院大の上脇博之教授は18日、寺田氏や陣営の出納責任者、事務担当者の3人について、公選法違反(運動員買収など)の疑いで東京地検に告発状を送ったと明らかにした。野党議員が寺田氏の「政治とカネ」を巡る問題の一つとして、国会で追及していた。

 寺田氏は昨年10月の衆院選で広島5区から立候補し当選。告発状によると、寺田氏と出納責任者は衆院選公示日に、現職地方議員と元議員計11人に計6万8100円の報酬を支払ったとしている。上脇氏は11人は選挙運動に従事し、公選法違反は明らかだと主張している。また、寺田氏ら3人が選挙費用に関し、選挙運動費用収支報告書に虚偽の記入をした疑いもあるとしている。

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文419文字)

あわせて読みたい

ニュース特集