アディダス苦境で経営トップ交代 ライバル・プーマから招く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 独アディダスCEOに就任予定のグルデン氏=2019年12月、ニューヨーク(AP=共同)
 独アディダスCEOに就任予定のグルデン氏=2019年12月、ニューヨーク(AP=共同)

 ドイツのスポーツ用品大手アディダスが苦境に立たされている。新型コロナウイルス感染症を徹底的に封じ込める「ゼロコロナ」政策の影響で頼みの中国市場が低迷。提携していた米ラップ歌手のスキャンダルにも見舞われた。ライバルのプーマから経営トップを招き、難局を乗り切る考えだ。

 アディダスが9日発表した2022年1~9月期決算は、最終(当期)利益が41・3%減の11億ユーロ(約1600億円)となった。欧米での販売は伸びたが、中国市場の売上高が25・3%減と低迷。ロシア事業の停止も響いた。

 業績不振で株価はこの1年で半値以下に下落。ローステッド最高経営責任者(CEO)が辞任し、後任に同業プーマの経営トップを務めるグルデン氏を招くことを公表した。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文650文字)

あわせて読みたい

ニュース特集