トランプ氏アカウント、復活の賛否投票 マスク氏、ツイッターで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イーロン・マスク氏=2022年4月28日、ロイター
イーロン・マスク氏=2022年4月28日、ロイター

 米ツイッターのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は18日、ツイッターの投票機能を使って、永久凍結されたトランプ前米大統領のアカウント復活の賛否を利用者に尋ねた。一方、米紙ニューヨーク・タイムズはツイッター従業員の少なくとも1200人が17日に退職したと報道。投稿数急増が見込まれるサッカーのワールドカップ(W杯)直前に混乱も予想される。

 マスク氏は「言論の自由」を掲げてツイッターを買収。投稿削除などの規制を緩める方針を示している。トランプ氏のアカウントは2021年1月の米議会襲撃事件を受け、暴力を扇動する懸念があるとして旧経営陣が永久凍結した。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文651文字)

あわせて読みたい

ニュース特集