米軍、B1B爆撃機を再展開 韓国軍と空中訓練、北朝鮮をけん制

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
19日に公表されたミサイル発射の様子。朝鮮中央通信は、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」型の試射だと報じた=朝鮮中央通信が2022年11月19日に配信・ロイター.
19日に公表されたミサイル発射の様子。朝鮮中央通信は、新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」型の試射だと報じた=朝鮮中央通信が2022年11月19日に配信・ロイター.

 韓国軍合同参謀本部は19日、米軍がB1B戦略爆撃機を朝鮮半島に展開させて、韓国軍と合同空中訓練を実施したと発表した。B1Bは、米韓両軍がステルス戦闘機F35などを大量動員した合同空中訓練「ビジラント・ストーム」に5日に参加して以来、2週間ぶりの再展開となった。

 米国が核や通常戦力などで韓国を防衛する「拡大抑止」を強化する姿勢を鮮明にすることで、米全土を射程に収める大陸間弾道ミサ…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

ニュース特集