特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

APEC首脳宣言もG20のコピペ? 同じ文言・表現、対立回避

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の閉幕後に記者会見する議長国タイのプラユット首相=タイの首都バンコクで2022年11月19日、AP
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の閉幕後に記者会見する議長国タイのプラユット首相=タイの首都バンコクで2022年11月19日、AP

 タイ・バンコクで開かれていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議は19日、首脳宣言を取りまとめて閉幕した。参加国・地域で意見の隔たりがあるロシアによるウクライナ侵攻を巡る表現は、15~16日にインドネシア・バリ島で開かれた主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の首脳宣言と同じ文言を繰り返した。異なるメンバーが集まる国際会議の声明で、まったく同じ表現が用いられるのは極めて異例。全会一致が必要な首脳宣言を採択するため、苦肉の策を強いられたようだ。

 APECの首脳宣言では、ロシアによるウクライナ侵攻について「ほとんどのメンバーがウクライナにおける戦争を強く非難した」と指摘した。一方で「状況及び(対ロシア)制裁について、他の見解及び異なる評価があった」と併記し、ロシア側に一定の配慮を示した。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文890文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集