特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナワクチン有料化、来春にも? 「平時」移行に異論も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチン会場訓練で公開されたワクチン用の容器(中身は水)=川崎市幸区で2021年1月27日、梅村直承撮影
新型コロナウイルスワクチン会場訓練で公開されたワクチン用の容器(中身は水)=川崎市幸区で2021年1月27日、梅村直承撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種を無料とする「特例」を、いつまで続けるべきか――。政府内や国会でそんな議論が始まっている。多くの人に速やかに接種してもらうため、国は全額を国費で賄う特別な仕組みを導入。現在も第8波対策として無料で接種を進めるが、接種は4~5回目に入り、感染による死亡率も低下している。国の懐事情もある中、「丸抱え」から平時体制に戻す時期が焦点となりそうだ。

 議論に火を付けたのは、財務省が7日に開いた財政制度等審議会(財政審)の分科会だ。「他の感染症とのバランスを見て取り扱いを考えるべきだ」。終了後の記者会見で元総務相の増田寛也分科会長代理は問題提起した。

この記事は有料記事です。

残り1515文字(全文1803文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集