連載

男性育休・現在地は?

男性育休の「今」を探りながら、家事・育児と仕事の在り方などを考えます。

連載一覧

男性育休・現在地は?

「普通の男性」=「フツメン」に選択肢を 男女で子育てする社会目指し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
田中俊之・大妻女子大准教授=東京都多摩市の同大で2022年10月7日、宇多川はるか撮影
田中俊之・大妻女子大准教授=東京都多摩市の同大で2022年10月7日、宇多川はるか撮影

 共働き家庭の増加を背景に「男性育休」を促す法整備が進むが、育休の取得率はいまだ1割台。背景には「男は仕事、女は家庭」という価値観の根強さがあり、男性が一家の“大黒柱”になるべく長時間働くモデルも依然として強い。社会学者の田中俊之・大妻女子大准教授は、キャリアアップと家事育児の両方を追求できない「普通の男性」=「フツメン」の厳しい現実を指摘。「男女の生きづらさはコインの裏表」とも言う。男性育休を切り口に、性別による“らしさ”の縛りを解き、女性だけではなく男性も子育てできる社会をつくるためのポイントを聞いた。【宇多川はるか】

男性の長時間労働 「女は家庭」強める

 ――今年度から順次施行されている改正育児・介護休業法は、男性育休の取得促進を目指していますが、法改正の背景をどう見ていますか。

 ◆女性のキャリア形成や、経済的な自立の大切さが(社会的に)認識されてきたのが大きいかなと思います。女性が出産後も子育てしながら就業を継続する傾向が高まる中で、子育てを共に担う男性の育休促進は当然出てくる話です。逆に言えば、今までは、女性のキャリア形成や経済的自立を犠牲にして、社会を回してきたわけです。

 もう一つは、経済が停滞するなどして所得が上がらず、共働きせざるを得ない現実があり、必然的に男性育休の必要性が高まっているのでしょう。こうした機運は、「共働き社会」でより大きな変化を生み出す可能性はあります。改正法が施行されている今のタイミングは、後の時代から振り返った時に「あそこが転機だったよね」となるかもしれません。

 一方で、いまだに企業の方から「男性育休のメリットはなんですか?」という問いかけを受けることがあります。男性育休を進める必然性に思いが至っておらず、そんな疑問が現時点で出てきていることを考えると、法改正が追い風になるか疑わしくもなってしまいます。

 ――男性育休の取得率は、厚生労働省の雇用均等基本調査によると、2021年度で13・97%でした。必要性や意義が広まらないのは、なぜでしょうか。

 ◆日本の男性が「1日8時間は最低限働き、プラスアルファも働く」ことを“普通”にしてきたことが大きいと思います。

 家に専業主婦がいる前提で、際限なく長時間働く形を“普通”にする中で、人々の中で「男は仕事、女は家庭」という「性別役割分業」の意識は強まっていきました。男女の賃金格差という構造的な問題もあります。女性より男性が働いた方が家計が潤うという考え方も、「家事育児は女性」という意識を強めたでしょう。

“男らしさ”の苦しさ 多様な生き方を

 でも、それだけではなく、やはり女性差別の問題はあると思います。「なんとなく面倒なことを女性に任せる」と、女性を軽く見る考え方が、男女間で家事育児の負担の偏りを大きくしている背景にあると思います。

 男性だからこそ抱える問題としては、男性はやはり小さい頃から「競争」を意識させられて育ち、「よりたくさんの稼ぎを得る」という意識を強くすり込まれている。そういう、自分で自分を縛っている男性の「生きづらさ」もあります。男性の生き方を見直し、性別に捕らわれない多様な生き方を実現できる社会を目指すのが、私が専門とする「男性学」です。

収入が一時減っても育児に時間を

 ――「性別役割分業」に捕らわれず、子育てや家事も主体的に担おうと思う男性も出てきています。

 ◆そうですね。そういう男性から考えれば、子育てすることは性別を問わないはずなのに、家事育児を担う時間がない働き方をさせられて、せっかく業務を効率化して早く帰っても「楽していいよね」みたいなことを職場で言われちゃう。会社から配慮を得られないつらさは、男性からもよく聞きます。

 男性の意識も変わってきているので、今は過渡期だと思います。私は、男女とも生きやすい社会に変えていくポイントは、一時的に収入が減ってキャリアが滞っても、子育てや家事に時間を使う、という発想が…

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文3297文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集