太陽光パネル義務化、ハウスメーカーへの支援策発表 東京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都庁=小川信撮影
東京都庁=小川信撮影

 2025年度から実施予定の戸建て住宅などへの太陽光発電パネル設置義務化について、東京都は18日、事業に積極的に取り組むハウスメーカーへの支援策を発表した。支援策を広げることで、円滑な実施に向けた環境整備を進めたい考えだ。

 この支援策を進めるため、都は都議会第4定例会に提出する補正予算案に関連費用301億円を盛り込む。このうち、太陽光パネルを載せた住宅の商品開発や施工の技術向上に向けた取り組みを一部助成する事業に163億円を計上。住宅の所有者への還元を図るため、リース…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

あわせて読みたい

ニュース特集