特集

山本草太|Fun!フィギュア

ジュニア時代は全日本制覇、世界選手権3位など実績十分。オフシーズンはプログラムと調和できるよう4回転ジャンプの精度を高めてきた

特集一覧

山本草太が今季世界最高得点 宇野、友野も称賛 フィギュアNHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子SPの演技を終え、笑顔の山本草太=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月18日、貝塚太一撮影
男子SPの演技を終え、笑顔の山本草太=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月18日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯の男子ショートプログラム(SP)が18日に行われ、22歳の山本草太選手(中京大)が今季世界最高得点の96・49点で首位発進した。自己ベストを3年ぶりに更新する会心の演技に、2位スタートとなった宇野昌磨選手(トヨタ自動車)ら日本勢の仲間も感嘆の声を上げた。

 山本選手がSPの演技を終えた後、6分間練習に向かおうとしていた宇野選手と言葉を交わす場面があった。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文660文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集