特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

明治神宮大会 今夏甲子園Vの仙台育英が逆転サヨナラで4強

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄尚学にサヨナラ勝ちし、喜ぶ仙台育英の選手たち=神宮球場で2022年11月19日、前田梨里子撮影 拡大
沖縄尚学にサヨナラ勝ちし、喜ぶ仙台育英の選手たち=神宮球場で2022年11月19日、前田梨里子撮影

 明治神宮野球大会は19日、東京・神宮球場で高校の部は2回戦2試合があり、今夏の甲子園で東北勢初制覇を果たした仙台育英(東北・宮城)が沖縄尚学(九州・沖縄)に5―4の九回逆転サヨナラ勝ちで4強に進んだ。前回大会準優勝の広陵(中国・広島)は6―2で東海大菅生(東京)を破り、準決勝進出を決めた。

 仙台育英・須江航監督 (九回に4点差をはね返してのサヨナラ勝ち)これまでは投手におんぶに抱っこだったが、野手が頑張ってくれたのが大きな成長。(沖縄尚学の先発の東恩納に苦戦したが)主将の山田のボールの見極めが非常に良かったので、山田のようにやろうと声をかけた。

広陵・真鍋慧選手

 (七回に高校通算48本目の本塁打)とてもいい感覚だった。いい角度で、いい所で当たった。高校通算とかではなく、大事な場面で1本打てたらいいと思っている。(明治神宮大会に重なった修学旅行には参加せず)神宮大会は高校生活で2回しかないが、ディズニーはいつでも行けると思うので。(昨年は決勝で大阪桐蔭に敗れ)一戦必勝で、神宮で負けたことは神宮でしか返せないと思って臨みたい。

東海大菅生・若林弘泰監督

 (一回で降板したエースの日当は)肩が痛いと言うので。本人は二回も行くと言ったが、今、無理する必要はないと思ったので「駄目だ」とやめさせた。東京都大会ではベスト16以上の落とせない試合はずっと日当が完投してきたので、(今日は)他の投手も経験できたのは良かった。(2番手の)筒井は1年生だがマウンド度胸があり、今後が楽しみ。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集