特集

山本草太|Fun!フィギュア

ジュニア時代は全日本制覇、世界選手権3位など実績十分。オフシーズンはプログラムと調和できるよう4回転ジャンプの精度を高めてきた

特集一覧

宇野昌磨が逆転優勝 SP首位・山本草太は2位 フィギュアNHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子シングルの表彰式を終え、笑顔を見せる(左)から2位の山本草太、1位の宇野昌磨、3位の韓国の車俊煥=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影
男子シングルの表彰式を終え、笑顔を見せる(左)から2位の山本草太、1位の宇野昌磨、3位の韓国の車俊煥=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯は19日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)が188・10点、合計279・76点で逆転優勝した。

 SP首位の山本草太選手(中京大)は161・36点、…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集