特集

三浦璃来・木原龍一組|Fun!フィギュア

北京五輪では日本勢初入賞の7位。3月の世界選手権は日本勢最高の2位。愛称「りくりゅう」がペアの歴史を塗り替える

特集一覧

「りくりゅう」GP連勝 演技後に見せた「セーフ」の意味 NHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ペアフリーの演技を終えて、「セーフ」の仕草をする三浦璃来、木原龍一組=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影
ペアフリーの演技を終えて、「セーフ」の仕草をする三浦璃来、木原龍一組=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯のペアフリーが19日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われ、ショートプログラム(SP)首位の「りくりゅう」こと三浦璃来選手、木原龍一選手組(木下グループ)が137・91点、合計216・16点で優勝し、GPファイナル進出を決めた。

 2人の勢いが止まらない。第2戦のスケートカナダで日本ペア史上初のGP優勝を果たした「りくりゅう」が、自国のファンの前でまた新境地を開いた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文668文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集