特集

住吉りをん|Fun!フィギュア

シニアへ転向した今季は、全日本選手権での表彰台を目標に掲げる。飛躍のカギとなる4回転トーループを公式戦で成功させるか、注目される

特集一覧

住吉りをん「跳びたい気持ちが先走った」 フィギュアNHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子フリーで演技する住吉りをん=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影
女子フリーで演技する住吉りをん=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯は19日、札幌市の真駒内セキスイハイムアイスアリーナで女子フリーが行われ、前日のショートプログラム(SP)3位の住吉りをん選手(オリエンタルバイオ・明大)は冒頭の4回転トーループで転倒したが、125・11点、合計193・12点で3位だった。演技後の主な談話は次の通り。

 (点数が出た時に驚いた表情)順位が落ちず、暫定1位だったことに驚いた。表彰台に乗れるのはすごくうれしいが、出来としては本当に不満足。前日のインタビューで「4回転トーループに挑戦します」と言ったが、今朝は気持ちがついていかず集中できなかった。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文580文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集