特集

渡辺倫果|Fun!フィギュア

昨季の全日本選手権はフリーでトリプルアクセルを決めて6位と。自己最高順位を大きく更新した。今季は更なる飛躍を目指す

特集一覧

渡辺倫果「意地」のアクセルでファイナルに望み フィギュアNHK杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子フリーで演技する渡辺倫果=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影
女子フリーで演技する渡辺倫果=真駒内セキスイハイムアイスアリーナで2022年11月19日、貝塚太一撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、NHK杯は19日、札幌市の真駒内セキスイハイムアリーナで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で9位と出遅れた渡辺倫果選手(法大)が129・71点、合計188・07点で5位と巻き返し、GPファイナル(12月8~11日、イタリア・トリノ)進出の可能性を残した。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)から、渡辺選手の気迫が伝わってきた。跳び終わりにややバランスを崩したが、グッとこらえて着氷姿勢を保った。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文742文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集