荒ぶる豊昇龍、完勝の6勝目 強靱な足腰生きる 九州場所7日目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
若元春(左)を激しく攻める豊昇龍=福岡国際センターで2022年11月19日、矢頭智剛撮影
若元春(左)を激しく攻める豊昇龍=福岡国際センターで2022年11月19日、矢頭智剛撮影

 大相撲九州場所7日目は19日、福岡国際センターであり、関脇の豊昇龍が若元春に勝ち、6勝1敗でトップを守った。

 危ない相撲が続いていただけに、荒々しさが残る取り口にも「悪くはないと思う」。短い言葉の中にも関脇・豊昇龍は手応えを感じていた。三役に定着して5場所目。横綱不在の場所の中、看板の役力士が優勝争いのトップを守っている。

 得意の左四つを狙って突っ張ってきた若元春を突き起こすと、中に入って双差しになったところで勝負は決した。つり上げて、最後は体を寄せながら間髪入れずに左足を絡めての外掛け。相手が「完敗でした」と認める内容だった。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文588文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集