特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

「辞任ドミノ」で首相窮地、支持率低迷に拍車 内閣再改造論も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の後藤祐一氏の質問の答弁を終え、自席に戻る岸田文雄首相(左)。右手前から山際大志郎経済再生担当相(当時)、秋葉賢也復興相、寺田稔総務相=国会内で2022年10月24日午前10時37分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の後藤祐一氏の質問の答弁を終え、自席に戻る岸田文雄首相(左)。右手前から山際大志郎経済再生担当相(当時)、秋葉賢也復興相、寺田稔総務相=国会内で2022年10月24日午前10時37分、竹内幹撮影

 岸田文雄首相は「政治とカネ」で野党の追及を受けてきた寺田稔総務相(64)を更迭した。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が次々に判明した10月24日の山際大志郎前経済再生担当相(54)と死刑執行に関し失言した11月11日の葉梨康弘前法相(63)の更迭に続く閣僚交代で、短期間で3人の閣僚が次々に辞任に追い込まれる「ドミノ」状態となった。政権の求心力はさらに低下した。

 首相は20日夜、記者団に「国民の皆様の厳しい批判を真摯(しんし)に受け止め、一層の緊張感を持って政権運営に当たる」と理解を求めた。

 寺田、葉梨両氏は自民党岸田派、山際氏は麻生派にそれぞれ所属。臨時国会では寺田氏のほか、「政治とカネ」を巡る問題で茂木派の秋葉賢也復興相(60)も野党から追及を受けている。首相は自身を支える「主流3派」の所属議員に足を引っ張られる皮肉な状況だ。8月に内閣改造・自民党役員人事に踏み切った首相だが、政権内では秋葉氏の交代を含め内閣の再改造論…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1284文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集