河井事件に続く「政治とカネ」 寺田氏に地元・広島からも不満噴出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
死亡した人物を会計責任者として政治資金収支報告書に記載していた「寺田稔竹原後援会」の事務所=広島県竹原市で2022年11月2日午後3時44分、岩本一希撮影
死亡した人物を会計責任者として政治資金収支報告書に記載していた「寺田稔竹原後援会」の事務所=広島県竹原市で2022年11月2日午後3時44分、岩本一希撮影

 現職閣僚が、また「政治とカネ」の問題で辞任に追い込まれた。政治資金収支報告書の記載などを巡り、岸田文雄首相が更迭した寺田稔総務相。地元・広島は首相のお膝元で、3年前には河井克行元法相夫妻の選挙違反事件も起きた。「がっかりだ」。相次ぐ不祥事に、有権者や地元議員からは不満の声が噴出した。

 20日朝、広島県呉市にある寺田氏の自宅兼事務所には、支援者や警察の警護担当者らが続々と集まった。午前11時40分すぎ、黒のスーツに青のネクタイを締めた寺田氏が外出。報道陣に「岸田総理と話されましたか」と問われると、「まだです」と答え、車に乗り込んだ。その後、広島空港(同県三原市)から東京へ向かった。

 ある県議によると、寺田氏は19日夜、呉市内のホテルで開かれた会合に参加。寺田氏は元気がない様子だったという。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文973文字)

あわせて読みたい

ニュース特集