特集

米大統領選2024

2024年の次期米大統領選の動きをリポート。

特集一覧

トランプ氏出馬表明、中国をどう語ったか 出所不明の持論、沸く会場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
次期米大統領選挙への出馬を表明するトランプ前米大統領=米南部フロリダ州で2022年11月15日、AP
次期米大統領選挙への出馬を表明するトランプ前米大統領=米南部フロリダ州で2022年11月15日、AP

 2024年に行われる米国大統領選への立候補を表明したトランプ前大統領。約1時間に及ぶ15日の出馬表明演説は、従来訴えてきた内容と重複が多く、新味に乏しかったが、目立ったのが中国への言及だった。大統領在任中には互いに関税を引き上げる「通商戦争」を繰り広げた相手について、トランプ氏は今、何を語っているのだろうか。

 「米国はあらゆる面で中国に勝っている。中国は動揺し、非常に驚いている。巨額の税金や関税を支払っている」。トランプ氏は15日の演説で、自身の政権が中国に課した輸入関税引き上げの「成果」を改めて強調した。

 さらに「歴代大統領は中国から1ドルも取ってこなかった」と明言。演説の後、米ペンシルベニア大学でファクトチェック機関を運営するアネンバーグ公共政策センターから早速、「中国からの輸入にかかる関税収入の主張はうそだ。(トランプ氏が大統領に就任する前の)07~16年には年平均123億ドルの関税収入があった」と指摘された。

 誇張や虚偽を交える言説は従来通りだが、今回は通商戦争の影響について、さらに出所不明の「持論」を展開した。「私がやって来て、何千億ドルも(関税収入を)得るようになったのだ。だ…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1528文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集