10の30乗は「クエタ」 数の桁示す接頭語、31年ぶりに追加

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
主な接頭語
主な接頭語

 大きい数や小さい数を示す際、単位と合わせて使う「ギガ(10の9乗)」や「ナノ(10のマイナス9乗)」といった接頭語に、新たに「クエタ(10の30乗)」など四つが加わることが決まった。追加は1991年以来31年ぶり。フランスで開催された国際度量衡総会で承認された。

 クエタの他に加わるのは「ロナ(10の27乗)」「ロント(10のマイナス27乗)」「クエクト(10のマイナス30乗)」。大量のデータをやりとりするデジタル化など、科学技術の発展に伴い新しい接…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集