幕内・千代大龍が引退届 秋場所後に「力が出ない」と申し出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
千代大龍(右)が熱海富士をはたき込みで降す=福岡国際センターで2022年11月18日、金澤稔撮影
千代大龍(右)が熱海富士をはたき込みで降す=福岡国際センターで2022年11月18日、金澤稔撮影

 日本相撲協会は大相撲九州場所8日目の20日、西前頭12枚目・千代大龍(34)=本名・明月院秀政、東京都出身、九重部屋=から引退届が提出され、受理したと発表した。今場所は7日目を終えて2勝5敗だった。引退後は協会には残らない見込み。

 師匠の九重親方(元大関・千代大海)によると、9月の秋場所後に「土俵…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

ニュース特集