7連勝の王鵬、「先輩」の貫禄示す 大相撲九州場所8日目

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
王鵬(右)が押し出しで熱海富士を降す=福岡国際センターで2022年11月20日、徳野仁子撮影
王鵬(右)が押し出しで熱海富士を降す=福岡国際センターで2022年11月20日、徳野仁子撮影

 大相撲九州場所8日目は20日、福岡国際センターで行われ、平幕の王鵬が1敗を守った。

 歴代2位の優勝32回を誇る元横綱・大鵬を祖父に持つ22歳の王鵬。2日目から7連勝と勢いに乗って、混戦の場所を折り返した。

 幕内最年少20歳で新入幕の熱海富士と、今後に期待がかかる若手同士の一番。前傾姿勢の相手を突き起こしながら前に出て押し出し、「先輩」の貫禄を示した。

 連勝街道を走る王鵬について、師匠の大嶽親方(元十両・大竜)は「内容は良くないが、体は動いている」と見ている。相手を一気に前に持っていくことが少なく、引く場面もあるが、動き自体がいいことで白星につながっている。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文586文字)

あわせて読みたい

ニュース特集