特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

無名のスピードスターが救世主に サッカー日本代表・伊東純也

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ボール回しで汗を流す伊東純也=カタール・ドーハで2022年11月15日、宮武祐希撮影
ボール回しで汗を流す伊東純也=カタール・ドーハで2022年11月15日、宮武祐希撮影

 無名だった少年が、世界最高峰の舞台へと駆け上がった。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の日本代表、伊東純也(29)=スタッド・ランス=だ。

 「あっという間だったけど、最後まで生き残れて良かったなと思うし、ここがスタートラインだと思ってやりたい」

 W杯の舞台ドーハに到着し、15日に心境を語った。日本の救世主になったのは今から1年前。昨年9月に始まったW杯アジア最終予選の序盤に日本がつまずく中、11月のベトナム戦から4試合連続ゴールを挙げ、予選突破の原動力となった。

 神奈川県横須賀市出身で、小学1年の時に地元の鴨居サッカークラブ(SC)でボールを蹴り始めた。父利也さんは「サッカー小僧だった。どこに行くにもボールを持って、練習も休みたくないから風邪を引いても週末までに治した」と振り返る。

 今も最大の武器となっているスピードは当時から際立ち、ドリブルのうまさもあった。鴨居SC代表の原田康臣さんは、伊東がドリブルの手本を後輩に見せた時の様子をよく覚えている。他の選手が足の内側と外側を交互に使い、教科書通りにコーンの間をドリブルしたのに対し、伊東の動きは一目見ただけでは分からないほど複雑だった。

 「『もう一回、やって』と言ったら『同じことはできない』と言われた。足首が柔らかく、膝や腰でもフェイントを入れるので別物になる。当時から自分の感覚でサッカーをやっていた」と懐かしむ。

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1641文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集