アートでつくる、浦安の魅力 市民ら、芸大生とワークショップ /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ポンプ場の側壁にチョークでさまざまな水の模様を描く市民たち=千葉県浦安市で2022年11月20日、石塚孝志撮影
ポンプ場の側壁にチョークでさまざまな水の模様を描く市民たち=千葉県浦安市で2022年11月20日、石塚孝志撮影

 浦安市が東京芸術大(東京都台東区)とタイアップして街を芸術で彩る「浦安アートプロジェクト」の一環として20日、同市の新橋前ポンプ場の壁面に絵を描くワークショップ(WS)があった。芸大生らの助言を受けながら市民がチョークで壁いっぱいに水の流れや泡などを描いた。

 WSはアートを通して市民が地域の課題を見つめ直し、街の魅力をつくり出すのがねらい。午前と午後の2回開か…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

あわせて読みたい

ニュース特集