松野官房長官、北朝鮮ミサイルは「火星17型と同型と推定」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松野博一官房長官
松野博一官房長官

 松野博一官房長官は21日午前の記者会見で、北朝鮮が18日に発射し北海道・渡島大島の西方約200キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した弾道ミサイルについて、「本年2月及び3月に北朝鮮が発射した新型ICBM(大陸間弾道ミサイル)級の『火星17型』と同型のものと推定される」と述べた。また「今年…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

ニュース特集