維新またも「大阪府外の壁」 兵庫の首長選5連敗、吉村氏「力不足」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
兵庫県尼崎市長選の結果を受けて、報道陣の質問に答える日本維新の会の吉村洋文共同代表=大阪市中央区で2022年11月21日午後2時16分、澤俊太郎撮影
兵庫県尼崎市長選の結果を受けて、報道陣の質問に答える日本維新の会の吉村洋文共同代表=大阪市中央区で2022年11月21日午後2時16分、澤俊太郎撮影

 20日に投開票された兵庫県尼崎市長選で、日本維新の会が公認した候補が、自民党や立憲民主党、共産党といった非維新勢力が支援した前市教育長の松本真氏(43)に約2万7000票の差をつけられて敗北した。維新はこれで兵庫県内の首長選は5連敗。大阪以外で初の公認首長誕生という目標は、またも「大阪府外の壁」に阻まれた。

 「力不足に尽きる。まだ地力が足りない」。21日、記者団の取材に応じた維新の吉村洋文共同代表(大阪府知事)は淡々と敗因を述べた。来春の統一地方選への影響はないとしつつ、「自民から共産まで一致団結したら選挙は強い。もっと地道に活動を積んでいく必要がある」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文670文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集