寺田氏の更迭で国会ドタバタ 審議日程に影響 野党は攻勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
会談に臨む自民党の高木毅国対委員長(右から3人目)と立憲民主党の安住淳国対委員長(同4人目)ら=国会内で2022年11月21日午前10時59分、竹内幹撮影
会談に臨む自民党の高木毅国対委員長(右から3人目)と立憲民主党の安住淳国対委員長(同4人目)ら=国会内で2022年11月21日午前10時59分、竹内幹撮影

 寺田稔総務相の更迭により、21日に予定された2022年度第2次補正予算案の参院本会議での審議が22日に延期されるなど、国会審議に影響が及んだ。

 与野党の国対委員長は21日午前、国会内で会談した。自民党の高木毅国対委員長は寺田氏の辞任について「国会運営に迷惑をかけおわびする」と陳謝したが、野党側は「首相の判断が遅い」などと反発。午後に予定された衆院本会議はいったん開会が見送られた。

 その後、協議が断続的に行われた結果、本会議は約2時間遅れて開会。岸田文雄首相が寺田氏辞任の経緯を説明した後、補正予算案が審議入りした。ただ、その後に予定された参院本会議は22日に延期となった。一方で22日に衆参両院の本会議で予定されていた、東南アジア歴訪に関する首相の報告聴取は補正予算案審議への影響を避けるため中止が決まった。予算委員会での集中審議などで代替する案が検討されている。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文767文字)

あわせて読みたい

ニュース特集