金正恩氏の娘同伴は「ミサイルの必要性伝える狙い」 防衛省が見解

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミサイルの前を歩く北朝鮮の金正恩総書記(手前右)。手をつないでいる少女が娘=朝鮮中央通信が2022年11月19日に配信・ロイター
ミサイルの前を歩く北朝鮮の金正恩総書記(手前右)。手をつないでいる少女が娘=朝鮮中央通信が2022年11月19日に配信・ロイター

 防衛省は21日の自民党の北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部などの合同会議で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記が18日、「娘」を伴って新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を現地指導した理由について「次の世代に対して『ミサイル開発が必要だ』と伝えるためだったのではないか」との見方を…

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文242文字)

あわせて読みたい

ニュース特集