けん玉と街の魅力は海を越え… 山形・長井市の協力隊員に米国人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地域おこし協力隊員の着任式で、世界一のけん玉の技を披露するニック・ギャラガーさん=山形県長井市で2022年11月21日午前11時52分、横田信行撮影
地域おこし協力隊員の着任式で、世界一のけん玉の技を披露するニック・ギャラガーさん=山形県長井市で2022年11月21日午前11時52分、横田信行撮影

 けん玉が「市技」の山形県長井市の地域おこし協力隊員に、けん玉ワールドカップ(W杯)で世界一になった米国人、ニック・ギャラガーさん(22)が就任した。21日、市役所で着任式があり、内谷重治市長から辞令を受けたギャラガーさんは「けん玉のイベントを開き、海外の人にもこの街を知ってもらいたい」と意欲を語った。

 ギャラガーさんは11歳からけん玉を始め、2017年に米企業所属のプロ選手となり、18年のW杯など各種大会で多数の優勝歴を誇る。市の国際交流員とSNS(ネット交流サービス)で交流があった縁で、今年6月の大学卒業を機に協力隊員に応募した。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文550文字)

あわせて読みたい

ニュース特集