コロナ感染後の出勤拒否訴訟 障害者男性と事業所和解 大阪地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 視覚と聴覚に障害のある男性(39)=大阪市=が新型コロナウイルス感染を理由に出勤を拒否されたのは不当だとして、勤務先だった障害者就労支援事業所に330万円の損害賠償を求めた訴訟は21日、大阪地裁(岩佐圭祐裁判官)で和解が成立した。男性側の代理人弁護士が明らかにした。

 代理人によると、事業所側が男性に出勤拒否と受け取られる発言があったことを認め、男性が退職したことを含めて遺憾の意を表明する内容。解…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集