筑後川花火大会の事故「複数の要因重なった」 調査報告書

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
打ち上げ筒の設置状況の写真などを画面で示しながら事故原因について説明した事故調査委員会の記者会見=福岡県久留米市城南町で2022年11月21日午後4時41分、高芝菜穂子撮影
打ち上げ筒の設置状況の写真などを画面で示しながら事故原因について説明した事故調査委員会の記者会見=福岡県久留米市城南町で2022年11月21日午後4時41分、高芝菜穂子撮影

 福岡県久留米市で8月5日、筑後川花火大会の花火玉が落下して久留米高専の弓道場が全損した事故で、「事故調査・安全対策委員会」(石橋力委員長)は21日、事故原因や再発防止策を盛り込んだ事故調査報告書をまとめた。原因については、花火の打ち上げ筒の固定が不十分だった可能性や、花火玉製造時、汗で着火線が湿った可能性など複数の要因が重なったと推定している。

 花火大会の実行委員長でもある調査委の石橋委員長らが21日に市役所で記者会見を開き、県に提出した報告書の内容を説明した。花火業者への聞き取りや打ち上げの様子を撮影した動画などの情報を収集して原因を推測し、動画の解析や花火玉の弾道を計算するなどして原因を検証したという。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文863文字)

あわせて読みたい

ニュース特集