ステーキ店で親子がやけど フランベの炎が原因か 沖縄

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
走行する救急車=曽根田和久撮影
走行する救急車=曽根田和久撮影

 沖縄県豊見城市のステーキ店で18日、来店中の親子がそれぞれ顔や手にやけどを負い、病院に搬送されていたことが21日分かった。店ではステーキに香り付けするため、炎でアルコール分を飛ばす「フランベ」が行われていたとみられる。その炎が親子に飛び移った可能性がある。命に別条はないという。

 豊見城市消防本部によると、18日午後8…

この記事は有料記事です。

残り72文字(全文232文字)

あわせて読みたい

ニュース特集