特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

遠藤航「あと2日で100%に」 脳しんとうから復帰 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウオーミングアップで体を動かすサッカー日本代表の遠藤航=カタール・ドーハで2022年11月20日午後4時14分、細谷拓海撮影
ウオーミングアップで体を動かすサッカー日本代表の遠藤航=カタール・ドーハで2022年11月20日午後4時14分、細谷拓海撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で23日にドイツとの初戦を控える日本代表の遠藤航(シュツットガルト)が21日、オンラインで取材に応じた。脳しんとうで別メニューが続いたが、既に復帰プログラムを終えて全体練習に参加しているといい、「(初戦までの)あと2日で100%に近い状態に戻ると思う」と語った。

 遠藤は8日のドイツ1部リーグ戦で相手選手と空中で交錯した際に頭をぶつけて負傷交代し、脳しんとうと診断された。直前のプレーは映像を見返して思い出したが、負傷の瞬間については「全く記憶がない」という。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文445文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集