特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

W杯開幕戦、満員が終盤空席に… カタールファン敗戦耐えられず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【カタール-エクアドル】後半、シュートを外して頭を抱えるカタールのムンタリ=カタール・アルホルのアルベイト競技場で2022年11月20日、宮武祐希撮影
【カタール-エクアドル】後半、シュートを外して頭を抱えるカタールのムンタリ=カタール・アルホルのアルベイト競技場で2022年11月20日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が20日開幕し、北部アルホルのアルベイト競技場で1次リーグA組の1試合があり、初出場のカタールは0―2で2大会ぶり4度目出場のエクアドルに敗れた。

 試合終盤、満員だったスタンドに空席が目立ち始めた。中東に初の祭典がやってきた記念すべき日。それなのに、開催地のカタールのファンたちにとっては、結果、内容ともに耐えられなかった。

 カタールは自陣を固めつつ攻撃を組み立てようとしたが、相手の積極的な守備にパスワークを阻まれた。気づけば、堅守速攻が持ち味のエクアドルにボールを支配される展開に。放った5本のシュートのうち、決定機は前半の最終盤にクロスを頭で合わせたアリのシュートくらいだった。2019年アジア・カップで大会新記録の9得点で得点王に輝き、チームを初優勝に導いた点取り屋も不発に終わった。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文764文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集