特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

イングランド、人種差別に抗議 試合前に片膝つき サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イランとの試合前に片膝をグラウンドにつけ、人種差別に対する抗議の意を示したケーン(左)らイングランドの選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月21日、ロイター
イランとの試合前に片膝をグラウンドにつけ、人種差別に対する抗議の意を示したケーン(左)らイングランドの選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月21日、ロイター

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグB組のイングランドは21日、イランとの試合前に片膝をグラウンドにつけ、人種差別に対する抗議の意を示した。一方、多様性や差別撤廃を訴えるため、主将のケーン(トットナム)が「One Love」の文字とともに鮮やかなハートが描かれた腕章を巻いてプレーする予定だったが取りやめた。

 カタール大会を巡っては、スタジアム建設のため猛暑など劣悪な環境の中で外国人労働者が犠牲になり、イスラム教国のカタールで同性愛が禁じられていることについて、出場国から抗議が相次いでいた。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文468文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集