特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

川島?長友? W杯の最多出場は誰に サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
W杯で2018年ロシア大会までに11試合に出場した長友佑都(左)と川島永嗣
W杯で2018年ロシア大会までに11試合に出場した長友佑都(左)と川島永嗣

 サッカー日本代表のワールドカップ(W杯)での最多出場記録は、GK川島永嗣(ストラスブール)、MF長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、DF長友佑都(FC東京)の11試合だ。いずれも2010年南アフリカ大会からの3大会で全試合に出場してきた。

 38歳の長谷部は前回18年ロシア大会限りで代表引退を表明。今回22年カタール大会に選ばれた39歳の川島と36歳の長友は試合数を伸ばす可能性がある。

 この3人と同様に10、14、18年に出場したFW岡崎慎司(シントトロイデン)とMF本田圭佑(所属なし)、1998年フランス大会から06年ドイツ大会にかけて出場したMF中田英寿さんが10試合で続く。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文740文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集