北朝鮮ミサイル安保理対応 中露の反対「大変遺憾」 松野官房長官

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松野博一官房長官
松野博一官房長官

 松野博一官房長官は22日午前の記者会見で、国連安全保障理事会が中国やロシアの反対で北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に対して一致した対応を取れなかったことについて「一部の国々の消極的な姿勢により、北朝鮮による深刻な挑発行動と度重なる決議違反に対して行動できていないことは大変遺憾だ」と述べた…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

あわせて読みたい

ニュース特集