ミサイル発射同行の女児は「金正恩氏の第2子」 韓国情報機関

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金正恩・朝鮮労働党総書記の大陸間弾道ミサイルの発射現場視察に同行した女児=平壌国際空港で2022年11月18日、朝鮮中央通信・朝鮮通信
金正恩・朝鮮労働党総書記の大陸間弾道ミサイルの発射現場視察に同行した女児=平壌国際空港で2022年11月18日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 韓国の情報機関「国家情報院」は22日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記が18日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射を現地指導した際に同行していた女児について、「第2子の金ジュエと判断している」と国会の情報委員会に報告した。委員会に出席した国会議員が明らかにした。

 韓国メディアなどによると、金氏は200…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文366文字)

あわせて読みたい

ニュース特集