香川・観音寺市の養鶏場、3.3万羽殺処分 鳥インフル陽性確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
香川県観音寺市
香川県観音寺市

 香川県は22日、同県観音寺市の養鶏場で見つかった高病原性鳥インフルエンザ疑いの事例について、遺伝子検査の結果、陽性が確認されたと明らかにした。県は同じ管理者が出入りする市内の別の養鶏場と合わせた約3万3000羽の殺処分と埋却作業を実施。県内の養鶏場での陽性確認は今季2例目となった。

 県は感染拡大防止のため、陽性事例の出た…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集