高浜原発にMOX燃料到着 仏加工元の不良品多発で1年遅れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高浜原発の専用港に入港するMOX燃料を積んだ輸送船=福井県高浜町で2022年11月22日午前6時59分、望月亮一撮影
高浜原発の専用港に入港するMOX燃料を積んだ輸送船=福井県高浜町で2022年11月22日午前6時59分、望月亮一撮影

 フランス製のウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を積んだ輸送船が22日、福井県高浜町の関西電力高浜原発に接岸した。同原発3号機でのプルサーマル発電に使用される予定。製造元の仏南東部・メロックス工場で不良品が多発した影響で、約1年遅れの到着となった。残りの発注分も製造の見通しが立っていない。

 原料のプルトニウムは、関電の原発の使用済みウラン燃料をフランスの別の工場で分離して取り出している。関電は2017年、今回分を含むMOX燃料の集合体32体を発注。だが、メロックス工場ではプルトニウムがウランと均等に混ざらない不良品が続出。16体は21年11月に高浜原発に4号機用として到着したが、残り16体の製造が進まず納入…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文782文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集