夜間作業員が行方不明、東北新幹線などに遅れ 2万3300人に影響

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
JR東日本のロゴマーク
JR東日本のロゴマーク

 東北・上越・北陸の各新幹線は22日、始発から午前8時半ごろまでの間、速度を落として運行した。上下線計45本が最大約70分遅れ、約2万3300人に影響が出た。JR東日本によると、東北新幹線の線路を保守点検中だった夜間作業員の男性の行方が分からなくなったためという。同社は埼玉県警に連絡したが、男性は同…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文253文字)

あわせて読みたい

ニュース特集