強い冬型、12月後半から全国で寒く 降雪量は平年並み 3カ月予報

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 気象庁は22日、12月~来年2月の3カ月予報を発表した。南米沖太平洋の海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」の影響で12月後半から冬型の気圧配置が強まり、寒気の影響を受けやすくなるため、気温は東・西日本と沖縄・奄美で平年並みか低くなる。降雪量は東・西日本日本海側で平年並みか多く、北日本日本海側はほぼ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

あわせて読みたい

ニュース特集