特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

使う?使わない? 塩野義コロナ飲み薬 三者三様の医師の見方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス感染症の治療薬「ゾコーバ」=同社提供
塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス感染症の治療薬「ゾコーバ」=同社提供

 新型コロナウイルスのパンデミックが丸3年になろうとする中、初の国産飲み薬の実用化が決まった。厚生労働省が22日に緊急承認した塩野義製薬の「ゾコーバ」。どんな効果が期待されるのか。また現場の医師はどのくらい「使いたい」と思っているのだろうか。

 ゾコーバは国内では3種類目となる軽症者向け飲み薬で先行2製品と比べて、重症化リスクの高くない多くの患者にも使えることが特長。承認を受け加藤勝信厚労相は「新たな治療の選択肢の一つとして新型コロナ対策に寄与すると期待している」と述べた。政府は100万人分の供給を受ける契約を塩野義と締結しており、12月初めにも一部医療機関で処方が始まる見通しだ。

 東京歯科大市川総合病院の寺嶋毅教授(呼吸器内科)は「治療の選択肢ができたことは意義がある」と、ゾコーバの緊急承認を肯定的に受け止めている。

 国内ではこれまで、米メルク社製のラゲブリオ、米ファイザー社製のパキロビッドの2種類の飲み薬が実用化されている。いずれも治験で重症化や死亡の抑制効果が確認されたとして特例承認されたもの。投与対象は重症化リスクのある人に限られる。

 ゾコーバの場合、治験では症状が消えるまでの期間を主に評価している。重症化の抑制効果は明らかになっていない。寺嶋教授は、重症化リスクの高い人に対してはこれまで同様、パキロビッドなどを処方すると説明する。このため医療機関の逼迫(ひっぱく)を避けることには直結しないと解説する。

 一方、重症化リスクがないものの、高熱が2~3日続き食事も取れない人などに処方することが想定され、「自宅療養中の治療の幅が広がる」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1961文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集