特集

第72期王将戦

第72期ALSOK杯王将戦の特集ぺージです。記事、動画、棋譜、写真特集などで歴史的対決の様子をお伝えします。

特集一覧

羽生善治九段、藤井王将との対戦「実現できてよかった」 一問一答

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
王将戦リーグ最終局で勝利し、記者会見する羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年11月22日午後8時6分、前田梨里子撮影
王将戦リーグ最終局で勝利し、記者会見する羽生善治九段=東京都渋谷区の将棋会館で2022年11月22日午後8時6分、前田梨里子撮影

 第72期ALSOK杯王将戦の挑戦者に決まった羽生善治九段(52)は22日夜、東京・千駄ケ谷の将棋会館で記者会見に臨んだ。藤井聡太王将(20)と初めてタイトル戦で顔を合わせることについて「ずっと実現できたらいいなとは思っていた。ひのき舞台で対戦することができて非常によかったな」と率直な気持ちを語った。会見での主なやり取りは以下の通り。

 ――2年ぶりのタイトル挑戦を決めた心境を。

 ◆この2年間は、なかなかタイトル戦の舞台に近付くチャンスもほぼほぼ無かったので、今回、このリーグ戦で結果を残せて挑戦できることを非常にうれしく思っています。

 ――藤井王将とのタイトル戦への思いは。

 ◆ずっと実現できたらいいなとは思っていたんですけど、なかなか自分自身の結果が伴っていない状態が続いていたので、現実的には難しいのかなということも思っていたんですけども、今回、なんとか実現できて、自分自身としても非常にうれしいです。

 ――タイトル獲得通算100期にはどういう意味があるか。

 ◆もちろん、結果として達成できれば非常にうれしいことではあるんですけれども、今はとにかく自分自身の実力を上げるということを最優先に考えてやっているというところがあるので、特段、そのことについては何か意識しているということはありません。

 ――今日の対局はどのような気持ちで臨んだか。

 ◆条件的には、負けてもプレーオフはあるんですけども、そういうことは考えずに「この一局に集中してやろう」と思っていました。事前に先手番と決まっていたので、積極的に主導権が握れるような指し方を目指していました。最後の最後まではっきりと決め手をつかみきれなかったので、一個一個かなり読みを入れて指していたというのが実情です。

 ――中原誠十六世名人とのタイトル戦は実現できなかったが、次代の後継者との対戦が実現したことについての感慨は。

 ◆私も、年上の先生たちとそれほど数多くタイトル戦を指せたというわけではなかったので、…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文2102文字)

【第72期王将戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集