特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

リベリア大統領の息子が米国の先制点 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【米国-ウェールズ】前半、先制ゴールを決めて駆け出す米国のウェア=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月21日、宮武祐希撮影
【米国-ウェールズ】前半、先制ゴールを決めて駆け出す米国のウェア=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月21日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会は21日(日本時間22日)、同国のアルラヤンで1次リーグB組の米国―ウェールズ戦があり、米国は22歳のティモシー・ウェアが先制ゴールを決めた。

 ウェアの父は現リベリア大統領のジョージ・ウェア氏。ACミラン(イタリア)などで活躍し、「リベリアの怪人」と呼ば…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文202文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集