山陰のジャイアン・白根尚貴さん 苦難の野球人生を糧に指導者の道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
真剣な表情で子どもたちを指導する元プロ野球選手の白根尚貴さん=広島県福山市で2022年10月30日午前9時41分、目野創撮影
真剣な表情で子どもたちを指導する元プロ野球選手の白根尚貴さん=広島県福山市で2022年10月30日午前9時41分、目野創撮影

 高校野球の強豪、開星(松江市)で春夏通算3回の甲子園出場を果たし、「山陰のジャイアン」の名で愛された元プロ野球選手の白根尚貴さん(29)が、広島県福山市の少年野球チームを指導している。プロ入り直後からたび重なるけがに見舞われ、女手一つで育ててくれた母親が急逝するなど数々の苦難を乗り越えてきた。「苦労や経験を子どもたちに伝え、教える側としてレベルアップしていきたい」と力を込める。

 「バット、振れるようになったじゃん」。10月下旬、福山市内のグラウンドには、球児に明るく声をかける白根さんの姿があった。総監督を務める「福山ウエスト野球クラブ」は2021年8月創設の少年野球チーム。栄養士による細かな食育指導を取り入れ、勝利よりも子どもたちの育成に重点を置き、のびのびと野球を楽しめる環境作りを心がけている。

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1807文字)

あわせて読みたい

ニュース特集